Stem Cell

幹細胞とは・・・

自己複製能力だけでなく、少なくとも2つ以上の異なる細胞に分化する能力を有する細胞である。
幹細胞は、脂肪、骨髄、臍帯血、胎盤などに含まれ、心筋梗塞、脳梗塞、変形性関節症、骨折などの多様な細胞損傷による疾病の治療に活用できます。
このようなことから、幹細胞を万能細胞とも呼びます。

stemcell 幹細胞





FEATURES

幹細胞の特徴

自己複製能力Self replication

幹細胞は自分と同じような形と能力を持つ別の細胞を作り出します。

分化能力totipotency

幹細胞は人体の必要に応じて構造及び機能が特殊化される事で、幹細胞が分化してない状態から人体の必要な組織細胞で変化する能力を持っています。

ホーミング効果homing

幹細胞の静脈内投与時、損傷された部位を幹細胞が自ら探して行ける能力を持っています。





TYPE OF STEMCELL

幹細胞の種類

幹細胞は大きく胚芽幹細胞と成体幹細胞に分けられます。安全性と倫理的な問題がある胚芽幹細胞とは違って成体幹細胞は主に脂肪、胎盤、骨髓、臍帯血などで採取も可能で、倫理的な問題も ありません。特に脂肪組職にある脂肪幹細胞と出産時胎盤に存在する胎盤幹細胞は安全ながらも分化能力が優れていることから現代医学で 治療が大変だった難治性疾患である糖尿、認知症、退行性関節炎、心筋梗塞、脳梗塞、腎不全などの多様な細胞損傷疾患の症状を 改善するのに活用されることができます。また、成体幹細胞の種類として、臍帯血、胎盤、脂肪、骨髄があげられ、その中でも採取が容易で多くの量を採取でき、培養及び分化能力に優れていることから脂肪幹細胞が注目を浴びています。